副菜の小鉢を置く場所はここ!正しい位置を解説

副菜の豆知識

副菜を小鉢に入れてテーブルに置く時は、どの位置に置くのが正しいのでしょうか?基本的な副菜を置くべき場所を解説します。

副菜の並べ方の基本ルールは「一汁三菜」から

副菜をテーブルの上に並べる場所を知るためには「一汁三菜」を知っておきましょう。

何度が耳にした事がある人も多いはずの「一汁三菜」とは、和食の献立の基本的な概念のこと。

  • 一汁:汁物を一品のこと
  • 三菜:主菜・副菜・副々菜の3つのおかずのこと

一汁三菜の中に記載はありませんが、これらに加え「主食となるご飯」を加えて、全部で5つのお皿が並ぶ事になります。

白米で炭水化物を摂取。主菜の魚や肉料理でタンパク質を摂取。副菜は野菜を中心にした献立で、ビタミン・ミネラル・食物繊維を摂取。汁物で水分を摂取。こうした「一汁三菜」の献立を意識する事で、バランス良く栄養を摂取する事ができるというわけです。

 

一汁三菜をベースにした副菜を並べる位置

「一汁三菜」は栄養バランスを考えた、日本古来からの知恵とも言えますが、その日本古来のしきたりに従い、「一汁三菜」には並べ方のルールがあります。

主食を含めた5つのお皿の並びは、次のような並べ方が一般的です↓

もともと日本は「農耕民族」であり、「お米」を大事にする文化があります。

平安時代では、「左側に大事なものをおくようにする」という風習があり、その名残で、大切なお米を1番左側にもってくるという配置になったと言われます。

また、食事をする時の機能面から見ても、多くの人が右利きで、お米のお椀を左手でもって右手で箸を持つ…という部分から、この配置が自然なようです。

副菜の小鉢は、「一汁三菜」のもとでは「副菜」と「副々菜」の2種類のお皿があります。

副菜は、よくレシピ本でもあるような作り置き系のお惣菜メニューです。(ひじきの煮物・白和えなど)

副々菜は、上記絵のようにご飯のお供になるような、漬物やナムル等のサブメニューを指す場合が多い様子。 (主菜が魚料理等のボリュームが少ないものの場合は、副々菜も副菜と同じような量のあるものが良い場合もあります)

副菜の小鉢を置く場所はどこ? という質問に対しては、

副菜はご飯の真上の位置。副々菜の小鉢は、ご飯のお供として取りやすい、近くの右上の位置という事になります。